• HOME >
  • 新着情報一覧

2020.08 当院の夏季休暇(休診)のお知らせ

 


当院では、夏季休暇(休診)として


8月13(木曜)から8月16日(日曜)まで休診させて頂きます。


8月12日(火曜)は、平常通り診察しております。


8月17日(月曜)から、平常通り診察します。


ご迷惑を、おかけしますが、ご了承を お願い致します。


休診中は、堺市の急病診療センターのご利用を、お願い致します。

2020.07 新型コロナウイルスの抗体検査は終了しました。

 


新型コロナウイルスが、日本全国で流行しています。


新型コロナウイルスの抗体検査(採血して約10分で結果が出ます)を開始しましたが、売り切れて終了しました。


希望者が多い場合は、再度の入荷も考慮しますが、取り敢えずは、終了します。


宜しくお願い致します。


(ご希望の方は、ご連絡下さい。再入荷の判断材料と致します。)


 


 


 

2020.05 新型コロナウイルスに対して

 


新型コロナウイルスが、日本全国で流行しています。


注意点を、まとめました。


①  コロナ・ウイルスに対する薬は、現在ありません。


(重症者への薬は、認可されましたが、色々な条件が有ります。)


②  80%はカゼ症状で治りますが20%が肺炎に成ります。日本の死亡率は、2~3%


③  肺炎に成れば病院で、酸素の治療が必要。(しかし酸素は、ウイルスを殺しません。


④  肺炎とは、発熱あり、呼吸の困難感があります。(呼吸回数が増えます。25回/分とか


⑤  肺炎ならば、すぐに「感染症 対策指定病院」を受診して下さい。(3時間以内に受診をして下さい。)


⑥  しかし、肺炎で無いならば、自宅で安静加療して下さい。(薬が無いからです。


⑦  発熱時には、解熱剤や、鎮痛剤を使用しないで下さい。(病状が悪化する危険が、あります。)


(アセトアミノフェンだけは、良いです。)


⑧ カゼの予防の為には、ビタミンC(3000mg)、ビタミンD3(2000IU、50μg)、


亜鉛(20mg)、セレン(100μg)、マグネシウム(400mg)が、お勧めです。


⑨ 「コロナ・ウイルス感染」と、「普通のカゼ」との区別は、困難なので


「カゼ症状」での来院時は、必ず「マスクを着用」でお願いします


入り口横のインターホンで対応します。(直接に自動ドアから、入ら無いで下さい。


(症状を確認するトリアージを、看護師が行います。)


当院で、PCR検査は不可能です。


 


堺市の感染症 対策指定病院


堺市立総合医療センター


堺市西区家原寺町1丁目-1番-1号


TEL:072-272-1199


 


 

2020.05 新型コロナウイルスの診断書について

 


新型コロナウイルスが、日本全国で流行しています。


 症状を改善後に、「診断書」を希望される患者さんが居ます。


しかし、コロナウイルス感染では無い「診断書」は、PCR検査もしないでは発行は、出来ません。


そしてコロナウイルスの治療後「診断書」も、職場には提出の義務は、ありません。


厚生労働省のホームページに記載されていますので、ご参考にされて下さい。


https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00007.html?fbclid=IwAR24FumQEMOTo6Tw09bS0sPMzXwhj-qbhlzMuiiQ2AX89e8Enz8wfAjMmOc#Q10-6

2019.06 風疹抗体値を無料で検査できます。

堺市では風疹の抗体価無料で検査が出来ます。


対象者は、堺市に在住の昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性です。


女性は、妊娠希望の人(保健所で検査)と妊婦(医療機関で検査)です。


妊婦の同居者と、妊娠希望の女性の同居者は、保健所で検査して無料です。


風疹に抵抗力(抗体価)が有る人は、ワクチンは不要ですが、


無い人は、ワクチンが必要です。


その場合は、堺市に在住の昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性は無料です


まずは、風疹の抗体検査を、受けましょう!


令和3年度までの予定です。ご注意下さい。


 


https://www.city.sakai.lg.jp/kenko/kenko/kansensho/yobo/rubella5th.html


 


https://www.city.sakai.lg.jp/kenko/kenko/kansensho/yobo/fuushin_josei.html


 

2019.05 アトピー性皮膚炎に超高濃度ビタミンC点滴とプラセンタ注射

 


当院では超高濃度ビタミンC点滴(自費診療)を、ガン患者さんに推奨しています。


「アトピー性皮膚炎」の患者さんにも、5月から開始して症状の改善を認めています。


ビタミンCは、皮膚のシミ、クスミ、シワにも良いといわれています。


超高濃度ビタミンC点滴プラセンタ注射の併用は、効果的と思います。


更に水素点滴を加えると、効果が増します。


自費診療に成りますが、関心のある方は、気軽にお問合せ下さい。


 


 

2017.04 「自費診療」の方に、カードでの支払の受付を開始しました。

 


当院では「クレジットカード」での支払の受付を、開始しました。


対称は、点滴の自費診療の方のみです。(保険診療の方は、取り扱いは致しません。)


取り扱うカード会社は、VISA、Master、American Expressです。


(夏頃には、JCBも取扱い開始の予定です。)


ご注意下さい。


詳しくは、お気軽に、お問い合わせ下さい。

2016.02 最新の遺伝子診断を利用した、ガン検診「マイクロアレイ血液検査」をしています

 


2015年1月20日より当院では、マイクロアレイ血液検査を開始しました。


(株) キュービックスが、開発した遺伝子を解析する、最新の「ガン検診」です。


早期発見の困難な「膵臓ガン」、「胆道ガン」、と


検査が面倒な「胃ガン」、「大腸ガン」の異常を、早期に発見する検査です。


90%の正確さと言われています。


自分自身が、ガンかどうか心配な人に、お勧めの検査です。


自費の検査です。 >>詳しくはこちら  


お気軽に お問い合わせください。

2015.04 成人用 肺炎球菌ワクチンの接種をしています

 


当院では、成人用肺炎球菌ワクチンを施行しています。 このワクチンは、1年中、接種可能です


このワクチンは、1回の接種で約5年間は有効ですから、毎年の接種は不要です。


堺市に住民票が有る65歳以上の方は、補助金が出るので自己負担の金額は4000円です。


 


堺市では、65歳以上の人は、65歳、70歳、75歳など5歳区切りの年齢では無い人でも、ワクチン可能です。(補助金の対象です)


65歳未満の人は、自費に成ります。


 当院では、予約はしておりません。希望者は、いつでも来院下さい。


 自宅で、37℃以上の発熱が無い事を確認して、受診して下さい。(発熱時は、ワクチン接種はできません!)


診察の結果、当日はワクチン接種が、不可能な場合も有ります。(ご注意下さい)


ワクチンの接種日は、スポーツや飲酒は、避けて下さい(翌日は可能)。 入浴は、可能です。


当院では、副作用が無い事を確認する安全の為に、 注射の後、30分間は待合室にて、お待ち頂いております。 ご了承下さい。


詳細は、電話にて、お問い合わせ下さい。

2012.08 送迎のご案内

 


2012年8月から超高濃度ビタミンC点滴療法の患者さんに限って駅前から無料送迎を開始しました


最寄りの南海高野線の北野田駅と、泉北高速の深井駅から、クリニックまで、無料送迎を致します。


詳細は、電話にてお問い合わせください。 TEL:072-234-3001

1/2 1 2 »