• HOME >
  • ガンの検診・治療 >
  • 超高濃度ビタミンC点滴療法

超高濃度ビタミンC点滴療法

ガンをあきらめない

ガンと闘うのは、大変です。
現在の日本の病気で、死因の第一位はガンです。
年間約30万人が、ガンで死亡しています。
保険で適応されている手術・抗ガン剤・放射線治療を行い、
治癒が出来れば良いのですが、不幸にして進行ガンでは、
予後が悪いのが現実です。

アメリカで始まった超高濃度ビタミンC点滴療法は、ガンだけを殺す抗ガン剤の一種で、補完代替医療の一つです。内服では不可能な、超高濃度
(レモン700個以上)で、ビタミンCを注射(点滴)をする事で、抗ガン作用を発揮します。その機序は

体内に超高濃度ビタミンCを入れて、発生させた活性酸素である過酸化水素が、ガン細胞を攻撃します(正常な細胞には、細胞膜の影響で障害を与えません)。副作用のない天然の抗がん剤として作用します。
ところが、過酸化水素が水に変換されれば問題ないのですが、過剰な過酸化水素はヒドロキシラジカルという強力な悪玉活性酸素に変換され細胞のDNAや、組織を、酸化劣化させてしまう事が有ります。
特に抗がん剤放射線療法を行っている場合は、大量にヒドロキシラジカルが発生してると考えられ、正常細胞にダメージを与えていると思われます。
このヒドロキシラジカルを強力に除去する事を期待出来るのが、「水素」です。

当院では、「超高濃度ビタミンC点滴」「水素点滴」を併用する事で、更にガンに対する治療効果を高める事を期待する治療法を推奨しています。


まずは、医療保険で認められている、手術、抗ガン剤、放射線療法
行い、それから超高濃度ビタミンC点滴を併用する事を、お勧めします。
一般的な保険適応の治療(手術、抗ガン剤、放射線療法)と、この超高濃度ビタミンC点滴を併用する事で、保険適応の治療の効果が減弱する心配はありません。

(保険適応外ですので、自費診療となります。)

超高濃度ビタミンC点滴療法の効果

超高濃度ビタミンC点滴療法は、
延命効果・抗ガン剤の副作用減弱効果が、期待されます。
(必ずガンを、全滅して、治癒する訳ではありません。ご注意ください。)

補完代替医療の一つです。
詳しくは、気軽にお問い合わせ下さい。

当院では、日本でこの治療の第一人者である、
元・杏林大学教授の柳沢厚生先生の指導の下で治療を進めています。
当院は点滴療法研究会の会員です。

自己免疫力を高めるために

ガンに打ち勝つ為、自己免疫力を高めることが大切です。
生活習慣の改善や、サプリメントの摂取、良い水の摂取、食生活の改善が重要な要素になります。

タバコやアルコールは、ビタミンCの血中濃度の上昇を妨げ、抗酸化作用も減弱するので避けてください。

ご不明な点が御座いましたら、お気軽にご相談ください。

ご注意
  • すでに重症の末期ガンで、腹水貯留、胸水貯留、腎不全の人、心不全の方には、 治療出来ない場合が
    有ります。事前にご相談ください。
  • 同じガンでも、効果には個人差があります。ご注意ください。
  • 同じビタミンC製材でも、「USP(米国薬局方)基準」が、守られていない製材が、日本で流通しています。
    ビタミンCは温度変化に不安定で、有効成分が破壊されてしまいます。
    当院ではコストが高くても、「USP」の冷蔵保管の義務を満たした米国からの輸出、日本でのコンテナ保管、
    クリニックまでの輸送も冷蔵保管の条件を満たした製品を使用しています。
    ビタミンC点滴でも、製品で保管状態の相違が有るので、ご注意ください。
点滴療法研究会
会長 柳澤厚生先生と
点滴療法研究会 会長 柳澤厚生先生と
リオルダン・クリニック所長
ロナルド・ハニハイキ先生と
リオルダン・クリニック所長ロナルド・ハニハイキ先生と
リオルダン・クリニック理事ニール・リオルダン博士(ヒュー・リオルダン博士の子息)と
リオルダン・クリニック理事 ニール・リオルダン博士(ヒュー・リオルダン博士の子息)と

治療方法

点滴で治療します。
(点滴の終了までには、約1時間前後の時間が掛かります。)


※血管が出て無くて、点滴が困難な人には、難しいです。

しかしIVH(中心静脈栄養)を挿入されている人は、そこから投与可能です。

更に当院では、「水素」を加える事も、可能に成りました。

「水素」と「ビタミンC」とで、更に効果アップが期待されます。

費用

ビタミンC50gで、週に2回の治療で、6ヶ月間が、基本です。(週に1回、3回の人も、毎日の人も居ます。)
ビタミンC血中濃度を測定して、その患者さんに最良の治療を施行します。

初診料:6,000円(税別)再診料:3,000円(税別)
(点滴の時は、再診料は不要です。検査結果や相談時に必要となります。)

ビタミンC点滴25g:10000円(税別)点滴の開始時は、体に優しくビタミンCは25gから開始します。

ビタミンC点滴50g:15000円(税別)普通の体重の方は、ビタミンCは50gが維持量に成ります。

                 (血中濃度を測定して、患者さん毎に、最適なビタミンC量を決定します。)

ビタミンC点滴75g:20000円(税別)

ビタミンC点滴100g:25000円(税別)ビタミンC100gが最高量です。これ以上は無理です。

ビタミンC点滴に水素を追加する場合:ビタミンC点滴の料金に、追加料金として3000円(税別)



検査も全て医療保険外の自由診療になります。
(点滴の期間は、6ヶ月間の施行が一般的です。その後も、回数を減らして、継続が理想です。)

初診時に必要な検査

 

他院での最近の検査データを持参して頂ければ、項目により省略も可能です。

  • ビタミンC血中濃度測定:5000円(税別)
    (ガンの人は、病状により、同じ量のビタミンCを投与しても、血中濃度は様々です。ビタミンC点滴での必要量を決定します。)
  • G6PD欠損症の検査12000円(税別)
    遺伝的にG6PD欠損症の人には、超高濃度ビタミンCを点滴すると溶血するので、出来ません。
    (この治療が、可能か否かのテストで、初めての人には必須の検査です。しかし日本人には、この遺伝子の人は、マレです。)
  • 診察して必要と判断した場合には、以下の検査も追加します。
  • 胸部レントゲン:3,000円(税別)
  • 血液検査:6,000円(税別)
    (目安で、検査内容により、異なります。)
  • 腫瘍腹部エコー:6,000円(税別)

院長よりおすすめの書籍

超高濃度ビタミンC点滴ハンドブック

超高濃度ビタミンC点滴療法ハンドブック
ガン細胞が消える!QOLが上がる!
 
書籍の購入はこちらのページをクリックしてください。

院長よりおすすめの書籍

gangashizenninaoruikikata

■がんが自然に治る生き方
余命宣告から「劇的な寛解」に至った人たちが実践している9つのこと

書籍の購入はこちらのページをクリックしてください。

院長よりおすすめの書籍

book1

■今あるガンが消えていく食事
進行ガンでも有効率66.3%の奇跡 
「20個あった肝臓ガンがすべて消失」
「膵臓ガンが1/3に縮小した」
消化器科外科の名医が考案した新食事療法で生還例が続出中!

書籍の購入はこちらのページをクリックしてください。

初診の方へ

必ず電話で予約の上で、来院ください。
(初診時は、平日10時頃から診察予定。)
詳しく説明を聞いてからの施行も可能です。

超高濃度ビタミンC点滴療法の患者さんに限り、
駅前から無料送迎を行っております。
最寄りの南海高野線の北野田駅と泉北高速の深井駅から、
クリニックまで、無料送迎を致します。


まずは、診察時間内に、お気軽にお電話にてお問い合わせください。
TEL072-234-3001

お気軽にお問い合わせください。
メールでのお問い合わせはこちら