• HOME >
  • 自費診療 >
  • ミネラルファスティング(断食)

ミネラルファスティング(断食)

ミネラルファスティング(断食)のすすめ

現代の日本は飽食の時代と言われ、食事の欧米化で高カロリーの高脂肪、高タンパクの食事を摂る機会が増えています。

メタボ(肥満)と言われ、標準体重を超える人が多いのが、日本の現状です。メタボリックシンドロームは、体重増加から、「高血圧」、「糖尿病」、「高脂血症」とゆう「生活習慣病」の原因と成る事から、これらの病気を予防する為には、食生活の改善が大変に重要です。

病気を「治療する」から、「予防する」への発想の転換が必要です。「医食同源」と中国でも言いますが、今の食事内容が、病気の原因にも、治療にも成ります。

当院では「ファスティング」(断食)を、おすすめしています。

「ファスティング」の効果は沢山あります。

体重も約5kgは簡単にヤセますが 一番の効果は、解毒(デトックス)効果です。体の「毒」と「老廃物」を取り除く働きが大きいのです。カネミ油症の時にもファスティングを利用して治療されました。(10日間の断食)

ファスティングは、難しくない

「ファスティング」と言うと難しい、自分には無理と思う人が多いです。
イライラする?不眠に成る?と心配される方が多いですが、大丈夫です。
甘い物好きの私自身が、3~4ヶ月に1回は「ファスティング」をしていますが、そんな症状はありません。
体験済みです。(1回目よりも2回目以降は、格段に簡単に実行できます) 「食べなきゃいけない」と洗脳されているので、「食べない事」への「恐怖感」を拭い去る事が重要です。「ファスティング」を1回成功させると、「食べなきゃいけない」とゆう洗脳は解けます。これは、「ファスティング」後の過食を防ぐ事にも役立ちます。

ファスティングは、恐くない

「ファスティング」は、「飢餓状態」では、ありません。
「飢餓状態」とは、体内の栄養素の貯蔵分を使い果たし、危険なレベルまで下がっても絶食状態が続く状態の事です。
「ファスティング」中は、貯蔵栄養素を用いて生命を維持するので、飢餓状態では無く、貯蔵した栄養素使い果たすには約40日以上が必要です。(標準体型の方)

3日から10日の「ファスティング」は、安全に実施可能です。 特に水分補給だけで無く、液体の各種の栄養素、ミネラルを補い行う「ミネラルファスティング」は、安全性に優れています。ミネラルファスティング」ならば、自宅で安全に開始できます。合宿など施設に泊まり込む必要は、ありません。

自然の動物は「食べない事」を頻繁にしています。 冬眠中、発情期、誕生直後、乳児期などです。 病気やケガをした時も本能的に食を断って、巣で安静にしています。 これは本能的に「ファスティング(断食)」が、細胞の持つ治癒力を最大限に高める事を知っているからです。

更に食事の量が少ない方が、長寿遺伝子にスイッチが入る事も証明されています。

糖尿病、腎臓病など疾患が有る人は、医師の指導に元で医師の了解が必要です。

ファスティングの効能

「生活習慣病」の「糖尿病」、「高脂血症」、「高血圧」に有効なのは理解しやすいと思います。メタボと言われる肥満傾向の人には、3日から7日の「ファスティング」で約3~5kgの体重減少を、もたらします。
「ノイローゼ」、「不安症」、「うつ病」など精神疾患にも良いと言われています。 「ガン治療」の時にも「ファスティング(断食)」は、治療効果を高める事が期待されます。 これは「ファスティング」をする事でミトコンドリアを健康にし、オートファジーを活性化し、メチル化異常を是正する事の可能性が有るからです。(先に必修ビタミン、ミネラルの補充が必要です。)

他に有効とされている疾患は、 風邪、下痢、過労、骨折、白癬(水虫)、歯槽膿漏、便秘、痔、アトピー性皮膚炎、気管支ぜんそく、乾癬症、バセドー氏病(甲状腺機能亢進症)、狭心症、動脈硬化、腎臓病、肝臓病、関節リウマチ、潰瘍性大腸炎、腰痛、慢性疲労性症候群など多数あります。

注意事項

極端にやせて居る人や、「重症の肝臓病」、「重症の腎臓病」の人は、主治医に相談が必要です。 「糖尿病」で薬を内服中や、インスリンを使用している人も主治医と相談が必要です。自己判断で薬を中止する事は、危険ですから、ご注意下さい。 開始してから気分不良など副作用が出現した場合は中止が必要ですが、 充分な水分補給、開始前の準備と、食事再開時の注意事項を守れば、多くは問題ありません。

ファスティングの方法

 

安全に自宅で「ファスティング」を行う為には、「ミネラルファスティング」がお勧めです。

水分だけでなく、必要栄養素のミネラルや少量の黒糖も入り、1日に約500kcal摂れます。

「ミネラルファスティング」に使用する「専用のドリンク」は、オーガニック栽培の野菜を3年半の期間、自然発酵させており、乳酸菌も入ります。

更にビタミンも補われるので、安全で体に優しい「特製ドリンク」を使用します。

この「特製ドリンク」を使用する事により、合宿や施設に泊まり込む必要なく、自宅で「ファスティング」が可能です。

「ファスティング」には、準備期間、復食期間の対応も重要です

これを、おろそかにすると、十分な効果が期待できません。ご注意下さい。

「ファスティング」を開始する時期は、新月から始めるのが効果的と言われています

それは、新月に行うことで浄化力が増し、宇宙のエネルギーを感じながら「ファスティング」を行う事が出来ると言われているからです。

また新月は、新しい事を始めるのに適していると昔から言われています。出来れば、新月から「ファステイング」を開始する事を、お勧めします。

 



 準備期間:3日間




ファスティング期間3日~10日間

最初は3日間から、開始して下さい。

ファスティングを成功させると自信が付き、2回目以降は楽に実行できます。




 復食期:3日間

「ファスティング」の具体的な詳しい方法や、注意事項は、来院時に説明を致します。

「専用のドリンク」も当院で、お渡しします。(自費になります)

「ファスティング」で、体の老廃物を出して、解毒(デトックス)に挑戦してみて下さい。

院長よりおすすめの書籍

nougayomigaeru

 ■脳がよみがえる断食力(山田豊文)
 【図解】脳がよみがえる断食力  
 
 書籍の購入はこちらのページをクリックしてください。

院長よりおすすめの書籍

shuichi

 ■週1断食で万病が治る (週1日、2食抜くだけ!)
 週1断食で万病が治る (週1日、2食抜くだけ!)  
 
 書籍の購入はこちらのページをクリックしてください。

お気軽にお問い合わせください。
メールでのお問い合わせはこちら